くるっと螺旋日記

球体関節人形の写真と不定期日記を載せています。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒れた天気。

こんにちは。

昨日はお友達様がワンオフさんをお迎えする日だったので里で御一緒させて頂いてました。

毎週末はずっと天気が悪く、昨日からの台風の影響で関西各地、さらに京都ではかなり被害が出ているようで・・・。こちらは今は雨も止み穏やかになってきております。

昨日は車で里まで行ってましたが、行きは晴れ間も見えつつでしが帰りは前も見えないぐらいの雨になってて途中の狭い峠道を上る途中で渋滞が起こってました。その雨の中一人の年配の女性の方が豪雨の中一台一台に何か話しかけてる様子。お聞きすると土砂崩れが起こったようで・・・。もうびしょ濡れだと思われるあの女性の親切さに感謝しつつ、かなり遠回りしましたが無事に帰ることができました。

そんな事もあったのですが里では楽しい時間を過ごしてきました。おしゃべり6割、撮影4割といった感じでしょうか^^;
sato_0638.jpg
お迎えされる子は眠りっ子さんなので、ウチからは「うくく」さん連れて行きました。
左から家族の人の子、ウチの子、お迎えされたワンオフさん。
家族の人の所には眠りっ子居ないので一番眠そうな子を連れてきたそうです(笑)

今回用意されている特別撮影スペースは2箇所。
その1箇所は前回のアーチャーセットで使い、今回はその反対側の可愛いスペースを使ってきました。
特別撮影スペースはこの3連休で終了ということです。

それでは続きはたたみます。

こういう撮影スペースに使おうと温存?してたドレスを使う日がやってきました(笑)
ミニっ子用のは何回も使ってますけど、いつかお揃いで!と大きな子のも買ってました!
sato_0639.jpg
お供は「くるり」。ウチの看板っ子です。
今回のフルチョシステムの変更でミニ20番がすみかに降りてくるので、20番推しということで連れて来ました。20番かわいいですよ~。ふふふ。

sato_0640.jpg
いつも気持ち良さそうに眠ってるうくくさん。
起こしちゃダメよ。

sato_0641.jpg
以前にもいいましたが、くるりお迎えしてから一度もテンションゴムの調整していないのとすわりっ子なのでボディは良い感じにくたくたとしてるのですが、それが微妙に自然なポージングになってくれていて好きなんです。

sato_0642.jpg
お友達様にお任せして眠りっ子を素敵にセッティングをして頂きました!
大きな眠りっ子x2は破壊力抜群ですw
ウチは眠りっ子一人なので二人にしたい願望はあるんですけどね・・・中々増やすのは難しい・・・。

sato_0643.jpg
くるり構ってて気が付くと色々と「うくく」さんも良い感じになってて。思わずパチっと。
あぁ、このトランクには苦い思い出が(笑)手に入ってればこう使うのね。

sato_0644.jpg
家族の人のワンオフさんと。
ミニっ子同士もかわいいな~。

sato_0645.jpg
その後ろで何かをしてる子(笑)

sato_0646.jpg
以下、「くるり」「うくく」さんソロで。

sato_0647.jpg


sato_0648.jpg


sato_0649.jpg

今回はこんな感じでまったりおしゃべり多めで撮影してきましたが、それも里での楽しみ方の一つなのかな?やはり一日ドール三昧で居れる里が好きなので、すぐにまた行きたい気持ちでいっぱいです。。

それでは最後まで見て頂きましてありがとうございました!

コメント

皆様お美しくて眼福でございました。
お里、楽しそうで羨ましいです~。
眠りっ子は眺めていると、こちらまで幸せな気持ちになりますよね。
ドレスもとてもお似合いです。
またお里で皆様とご一緒できるのを目標に、仕事頑張ります。

>ノジ子様へ

こんばんは!
お返事遅くてすみません><。

お里は一日たっぷりドール充できるので楽しいですよね^^
すぐにまた行きたくなってしまいます。
同じ撮影スペースでも眠りっ子で撮るとまた違った雰囲気になりますね。
ドレスは撮影スペースが中心で選んでたりするので、素敵なドレス買っても似合う撮影スペース来るまで使わないことも多くて、未だに撮影していないドレスが・・・。
こちらこそまた里に来る時も誘ってくださいませ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuruttorasen.blog12.fc2.com/tb.php/460-d20b5038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。