くるっと螺旋日記

球体関節人形の写真と不定期日記を載せています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうだいもとくらし。  

こんばんは。

22日。一つ前のお返事記事にお返事を追記しました。該当の方はそちらごらん下さいませ。

明日はアイドールWESTか・・・。遊びに行くか迷ってるんですが大阪には生地を買いたくて行こうかななんて思ってますが。久々にDOLKさんにも行きたいな。

イベント話題繋がりかどうかは微妙ですが、ディーラーブログのほうで書いてた問題。まだまだ途中経過の内容と、このブログだけを見て頂いてる方にはさっぱりな話題ですしドールと直接関係ないかもしれない記事内容なので、興味ある方は読み進めてやってくださいませ。

ちなみに文章下手ですので読みにくいと思います!そして長い。。
写真もないです。

黒地の背景に文字なので長時間見ると目がチカチカします。
時々違う所を見てやって下さい^^;

それでは続きはたたみます。
上でディーラーブログで書いた問題。わざわざ見に行って頂いた方ありがとうございます。

こちらでも書きますと、今までディーラー活動を行うための作品作りに大切な素材。「本革(ヌメ革)」を使ってるわけですが、ディーラー活動を開始して1年とちょっと。ずっと同じ所から革を買っていました。

手軽さや料金も安いことからネットの通販を利用していましたが、まさかの通販終了・・・お店が無くなりました・・・。品質は文句は無かったので次のドルパ30でも使おうと思ってた所だったのにショック><。

ずっと同じ所からしか買っていなかったので、突然その仕入先を失ってどうしようか考える日々。まだ時間はある。ネットを色々調べても革にも色々あるし、そのお店で買った革がどんなものかも分からないので今後の作品作りにもかなり影響が出るかもと中々手が出せません。お値段もそこそこしますしね。

そんな中、今まで買っていた革が実はウチから近い場所から送られたことを思い出しました。近い場所というのは姫路。もっと革の事をを色々と調べてみると(そのぐらい素人)、姫路は日本三大皮革産地の一つで細かくは説明しませんが「皮」を「革」にする職人さんをタンナーと呼び、その数と生産量は日本最大なのだということを知りました(驚)!

そうだったのか!こんな近くで!なんだか運命を感じる!(←大げさ)

なのですが・・・・・・

アマチュアですので。自己流ですので。
そういう所ってプロとか凄い人が行く所でしょ・・・。とすぐに意気消沈w

それでも気になって調べてるとその近くにアンテナショップらしきものがあって色々な革工房の作品とか革も扱ってるらしいという情報を発見。ここだったらと見に行ってみることにしました。車で30分ぐらいの所です。

到着すると色々とバッグなどの加工品から加工前の革も売ってて、お客さんもちらほら。先生と呼ばれてる方も居られたりと、どんな革がいいですか?なんて聞かれても詳しくは分かんない。やっぱりネットで買うのが楽かな~なんて思ったり。アンテナショップなので色々な革を見ることが出来て楽しいな~なんて思いつつ出直すか~なんてね。

でもせっかくココまで来たので欲しい革がないか店内を探しましたがヌメ革はここにはカットしたものしか売ってないようで、思い切ってヌメの「半裁」が欲しい事を伝えるとはやりココにはないようです・・・。回りに点在する革屋さんにあるかもと電話してくれました。土曜日は休業の所もあるので休日でもやっている所を紹介して頂いて向かうことにしました。

行ってみると駐車場はあるけどお店がない・・・。えっとどこ?なんて思ってると駐車した所から少しの所に教えて頂いた看板がありましたが、めっちゃ革を作り出してる工場でした。電話もしてもらったので後戻りは出来ないです・・・工場の人が迎えに出てきてました(大汗)

結局、ヌメ革買いました!革は10cm平方いくらという値段のつけ方で、トータルな金額は結構なものでしたが革だけの値段で言えばネットで買うより安かったです。そして買う革を見れるのがいいです!ネットはどんなの来るかは選べないですからね。

良い経験できました!って終わる所ですが、この後があります。

支払いの時に事務所に行ったのですが、そこにアンテナショップで先生と呼ばれてた方が来られてて革の職人の方と話されてました。「良い革ありました?どんなもの作るんですか?」と聞かれたので、今後またお世話になるかもしれないと誤魔化さずにこんなの作ってますと写真を見せると、職人さんにとても面白い事をやってる。革だけど違う世界を見たわ。ある意味革の新たな世界やで。とまで持ち上げられる・・・。ふふ。アマチュアですとも><。でもその独学とチャレンジがいいんだそうです。お褒め頂きありがとうございます。

その方達も物を作り出す達人たち。話の内容も熱く、そんな私の情熱を汲み取って頂いたかのように世に出ないような珍しい革を見せて頂いて「こんなのどう?なんか感じる?」なんて、なんだか自分がプロの世界に飛び込んだかのように職人さんと話してたり変な感じ。

話の途中で今新たな技法?で作り出してるという珍しい革?を少し切って分けて頂きました。私としては馬革に凄く興味を持ちました。というか使ってみたい。頂いたのも馬革かもしれません。緊張してて聞き逃しました><。

数時間で凄く深い世界を一気に通り抜けた体験をしてきました。革の世界から言ったらほんの一部分なのでしょうけどね。買った革を希望の厚みに加工してるのでそれを取りに行く時にまた工場にお邪魔するので、またその職人さんと話をするかは分かりませんが次行くのが楽しみです。ネットで買ってるとこんな経験できませんしね。

姫路にはまだまだそんな革工場が沢山あって、色々と訪問する勇気はないですが夢だけは膨らみます。

そんな感じで長ーくなりましたが、この経験を生かすも殺すも自分次第。仕入先が変わったことで今までの作品が作れなくなるかもしれませんが、また今までにない新たな作品も作れる可能性もあるので色々試行錯誤して行きたいと思っています。

楽しみながら頑張っていこう!
コメント

ディーラーブログの方を拝見してとても気になっていたのですが、結果的にもしかしたら今後の作品の幅が広がるかもしれない出会いがあった様でとても安心いたしました。
珍しいものを手にするとそこからまた創作意欲が掻き立てられたりして良い刺激になりますよね!
魚バッグ(しつこくてすいません)の今後も気になりますがそれ以上に新作や矢筒のような一点ものの発表を楽しみにしております。

K #i4e8kMis | URL
2013/10/05 21:52 | edit

K さまへ

こんばんは。コメントありがとうございます!

いつも通り?牛革も新しい所で購入して届きましたが、この革ではまだ作っていないので不安はまだまだあります。作って見てからですね^^
さかなのボディバッグはもしかしたら次が本当の最後になるかもしれません。在庫の革でどのぐらい取れるかといった感じになります。すみません。その辺りはまだ未定です。

新作も作りたいのですがあまり時間が無くなってきてますね。
今後も「いいね!」と思って頂ける作品が作っていけるように頑張ります!

まーくん #- | URL
2013/10/06 01:07 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuruttorasen.blog12.fc2.com/tb.php/462-c2eecbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。